海星NEWS

海星高校のホットな話題を更新します

神戸市立神港橘高等学校からお便りが届きました

<H31-58>

令和元年7月12日(金)

神戸市立神港橘高等学校さんよりお便りが届きました。

 

神港橘高校さんには、

平成23年の東日本大震災で本校が被災した際に多大なご支援をいただいてから今日に至るまで、

様々な場面で応援していただいています。

 

コースターと日めくりカレンダーも届きました。

 

神港橘高校さんの生徒、教員の皆様をはじめ、関係して下さる全ての方へ

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

水産クラブ 7月17日の食品調理チームの活動

<H31-57>

令和元年7月17日(水)

本日の水産クラブ 食品調理チームはアジを使って調理を行いました。

 

1品目はアジの干物作り。

8月20日(火)に外部講師をお招きして実施する予定の食品調理教室で

アジの干物を利用した料理を作る予定なので、

「せっかくなら干物から作りたい!!」という生徒の強い希望もあり、

初めての干物作りです。

 

3年生が1年生に教えながら捌く姿は、見ていて頼もしくなります。

 

1年生の作品!上達目覚ましく、もう教員顔負けの腕前です。

 

塩水に漬け込みます。

 

半日乾燥させた後、冷凍保存しておきます。食べるのが楽しみですね。

 

 

2品目は「食品技能コンテスト」の課題となっている「3枚おろし」の練習もかねてアジフライを作りました。

3枚におろしたフライ、背開きのフライの2種類を作りました。

 

基本的な魚の扱いについては、淡々とこなしてしまいます。

 

揚げ具合もバッチリ。

 

夏休み中にも食品調理チームは活動していきます。

様々な外部講師をお招きして、普段できない料理を作る予定なので、

生徒も今から楽しみにしているようです。

 

 

 

 

野球応援

<H31-56>

 令和元年7月11日(木)第101回全国高等学校野球選手福島大会の初戦がヨーク開成山スタジアムにて行われました。

 今年も野球部に力を与えるべく、生徒会役員、応援委員、有志の生徒たちが1か月前から応援練習を始め、この日のために準備してきました。当日はそれらに加えて、保護者や卒業生、その他関係する方々からも声援を送っていただきました。

 結果は郡山高校に敗れてしまいましたが、チャンスの場面を作ることもでき、あと一本繋がっていればという内容でした。

 

  

 

 

 

 

 

 

 夏の大会が終わり、これからは新体制となって次の大会に臨みます。他校より新体制となる時期が早い分、これからの活躍に期待したいです。

水産クラブ オリジナルブレンド珈琲作り

<H31-54>

令和元年7月4日(木)

本日のオリジナルブレンド珈琲チームはパッケージデザインと販売戦略の検討を行いました。

 

パッケージデザイン案を前に養田さんと相談します

デザインは出来上がってからのお楽しみ。

 

これから配色などを決定し、7月中旬のデザイン完成を目指します。

順調に進めば9月初旬には完成できる予定ですので、お楽しみにお待ちください。

水産クラブ 本日の食品調理チームの活動

<H31-53>

令和元年7月3日(水)

本日の食品調理チームは生徒が好きな料理を作りました。

 

調理の様子

 

 

 

餃子の皮を使った一口ピザ

具材にはアジが入っています

 

チーズドッグ

 

ミネストローネ

 

食品調理は週に一度の活動ですが、調理機材や食材の扱いに慣れてきて、少しずつ上達しています。

また調理をすること自体をとても楽しみながら実施しているようです。

来週もまた食品調理の様子をお届けします。

 

福島丸 小名浜港へ帰港

<H31-51>

日  時:6月24日(火)

場  所:小名浜港 1号埠頭

対象生徒:海洋科3年、専攻科海洋科1・2年

 

 福島丸が小名浜港に帰ってきました。生徒・乗組員・指導教官たちは大きな怪我をすることなく、61日間の遠洋航海実習を無事に終えることができました。

 

  

実習中に漁獲したマグロなどの水揚げの様子

水産クラブ 魚介を使った無水カレー作り

<H31-50>

令和元年6月26日(水)

本日は水を使わないカレーを作りました。

 

メイン食材その1はカツオ。カツオの竜田揚げにします。

 

メイン食材その2はホッキ貝。殻を剥いて一緒に煮込みます。

 

野菜とホッキ貝を鍋に入れて加熱します。

水を全く入れていないので、本当にカレーになるか不安ですが…

 

カレーを煮込む間にカツオの竜田揚げを作ります。

 

加熱が終わると、野菜と貝から出た水分でしっかりと煮込まれていました。

 

竜田揚げをトッピングして完成です。

 

野菜と魚介の風味がマッチしていて、とても美味しいカレーに仕上がりました。

 

今回のレシピは9月に予定するイベントで披露する予定です。

それまでにさらに研究を重ね、魚介の味が活きた美味しいカレーを作りたいと思います。

水産クラブ 魚のさばき方教室に参加

<H31-48>

令和元年6月22日(土)

本日は水産クラブの生徒14名がいわき市連携事業の「出張!魚のさばき方教室」に参加しました。

今回は今が旬のアジを使い、アジフライとなめろうを作りました。

 

主催のいわき市農林水産部水産課の遠藤課長様よりご挨拶

 

 

講師にはいわき魚塾の鈴木塾長様をはじめ、5名の方に来校いただきました

 

旬のアジは脂がのっていてとても美味しそう!!

 

 

恐る恐る調理するのは一年生。これからたくさん練習して上手になろう!!

 

魚塾さんの丁寧なご指導で、上手に調理できました!!

 

生徒が作ったアジフライとなめろう。お吸い物は魚塾さんに作っていただきました。

 

最後はみんなでもぐもぐタイム。 楽しく調理して美味しく食べる!!

 

今回はアジを使用しましたが、

また秋に別の魚でもう一度開催する予定です。

今回の授業を受け、魚調理の楽しさ、そして美味しさを再認識できました!

本校としても、魚食の推進に取り組んで参ります!!

いわき市水産課さん、いわき魚塾さん、本日はありがとうございました。

 

 

 

 

水産クラブ サンマで魚拓

<H31-47>

令和元年6月20日(木)

本日も魚拓作りの練習を行いました。

今後様々な機会で、本校生が指導者役となってこの魚拓作りワークショップを地域の子供や児童対象に実施する予定です。

 

まずサンマを洗って水気を取ります。

 

サンマに絵具を塗ります。

目に塗ってしまうと滲んでしまうので、目を避けるように塗っていきます。

 

布をかぶせ、丁寧に絵具を布につけるようになぞります。

 

最後に、目やヒレを細い筆で描きます。

 

今回はサンマを使用して練習しました。

サンマの魚拓って、なかなか見ることないですよね??

実際に子供に教える本番も近く予定されていますので、

もっと練習を重ねて上手に教えられるように頑張ります!!

水産クラブ 米粉とカジキを使ったレシピ開発

<H31-46>

令和元年6月19日(水)

水産クラブ食品調理チームが、米粉とカジキを使った新商品開発を行っています。

 

米粉はいわき市産のいわきライキの米粉、

カジキは本校の練習船福島丸で漁獲したクロカワカジキを利用するというテーマで開発をしています。

 

本日はカジキの身を利用した肉まんを作りました。

  

カジキをミンチにしてフライパンで炒めながら他の具材を加え、調味していきます

 

タネが完成しました

 

手作業で包んでいきます。JA福島さくらより戸田さんにもお手伝いいただきました。

  

蒸しあがりました!!

 

次はもっと皮を薄くのばし、具をたくさん詰められるように練習します。

皮はもちもち、具は魚の臭みもなく、まるでお肉のような味わいでした。

 

 今年度中の商品化に向け、継続して開発していきます!

また来週は別の商品開発の練習も行う予定です。

完成をお楽しみに!!