海洋科ってどんなところ?
海洋科は、従来の漁業の担い手や船舶職員を養成することと併せて海洋レジャー産業などの海洋のスペシャリストを養成することを目的として授業を行なっています。本校で最も海に接する機会が多い科で、3年時には、ナビゲーションコースとマリンテクノコースを設け、それぞれ生徒の希望する進路に対応しています。
○ナビゲーションコース
 4級海技士(航海)資格取得を目指し、専攻科(3級海技士:航海)につなげ、将来の船舶職員を養成します。
○マリンテクノコース
 栽培漁業、沿岸漁業、海洋調査や海洋レジャーに関する知識と技術を習得し、海洋の多目的利用や、海洋開発に関する技術者を養成します。また、海洋系大学進学希望者への進学指導も行います。

海洋科だより

海洋科の活動内容を紹介します

アクアマリンふくしま体験実習⑥

<R2-62>

 令和2年9月1日(火)より、2学期最初のアクアマリンふくしま体験実習を実施しました。

 今回の実習は沼ノ内、薄磯、四倉、新舞子のそれぞれの砂浜にマイクロプラスチックがあるかどうかの調査を行いました。

 

まず、5mm以下の海の砂を分別するためにさらしにかけます

 

 

↑  ↑  ↑ 

これ以降の作業の流れは、動画でご覧ください

 

採取したものを顕微鏡で確認します

 

  

            左の写真は発泡スチロール        右の写真は貝殻とマイクロプラスチック

 

  今回の調査では、思っていた以上にマイクロプラスチックが存在していないことがわかりました。生徒も黙々と集中して取り組んでいたので、今後の調査にも携わることができればと思います。

取得可能な主な資格
海を学び、海に感謝し、海について考える