海星NEWS

海星高校のホットな話題を更新します

いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動

<H30-140>

日  時:平成30年10月15日(月) 12:25~15:00

活動区域:1学年  一号埠頭、中央桟橋、旧魚市場前

     2学年  旧魚市場~艇庫、小名浜造船所(横)、東内防波堤付近

     3学年  校舎周り及び学校周辺(通学路・海岸)

     専攻科  学校周辺(三埼公園方向)

 

 上記のとおり、いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動を実施しました。毎年恒例として行われているこの活動は環境美化に対するモラルの口上を図るための活動です。

 

  

 手で拾える大きなゴミから、気付きにくい小さなゴミまで一生懸命拾ってます!

 

ちょっと息抜き

 

活動を終えて学校へ帰ります

 

 普段お世話になっている地域の環境を清潔にしようと生徒たちは秋風を感じながら、最後まで美化活動に取り組んでくれました。

アクティブ・ラーニング型授業の普及に向けた取り組み

<H30-137>

アクティブ・ラーニングを取り入れた授業の様子を紹介します。

 

平成30年9月28日(金)

情報通信科3年生「移動体通信工学」において

「電波を扱う上で重要なことについて考える」ことを目的として授業が実施されました。

①電波を遠くまで送る。

②情報を正確に送受信する。

③電波を確実に受信できるよう対策する。

④他の通信に影響を及ぼさない。

という4観点について考え、重要だと思う順番を生徒一人ひとりで考えました。

カードとプリントを使い、個人の考えをまとめます。

 

その後、グループを作って意見を発表し合い、

グループの意見として一つにまとめました。

 

ホワイトボードを使い、各グループ自由にまとめています。

その後、意見発表を行いました。

日常に溢れ、いつも何気なく使っている「電波」ですが、

情報通信科の生徒として「電波」について考える良い機会となりました。

 

 

 

また、平成30年10月4日(木)には、

海洋工学科3年生の「船用機関」において、ディーゼル機とガソリン機関の違いについて考える授業を行いました。

こちらも、教科書とプリントを使用して個人の意見をまとめた後、

ホワイトボードを使用してグループの意見をまとめました。

その後、各グループの意見を発表しました。

どのグループもディーゼルとガソリンの特徴をよくまとめており、

これまでより効率的な学習になりました。

 

本校では今後もアクティブ・ラーニングに関する取り組みを進めていきます。

第27回全国水産高等学校生徒研究発表大会 東北地区大会校内選考会

<H30-128>

期  日:平成30年9月26日(水) 5、6校時

場  所:本校体育館

目  的:水産、海洋系高等学校の生徒が、日常の学習・研究成果を発表し、主体的に学習する態度や創造性を高め、

     問題解決能力の育成及び高揚等を図るとともに、水産業及び海洋関連産業に関する一層の認識と振興及び

     充実に努める

 

 上記のとおり、生徒研究発表校内選考会が開催されました。選考会前日に抽選を行い、5グループの発表順番を決めました。

 発表順や発表内容等は以下の通りとなります。

 発表順 ク ラ ス 氏 名 タ イ ト ル
第一発表者 海洋科2年

馬上 冬詩

鈴木 隆太

「神白川水質改善計画」
第二発表者 情報通信科3年

江端 結花

小堀 勇希

渡辺  駿

「海のIot」
第三発表者 食品システム科3年

小林  健

佐藤 洸一

中藪  龍

「めざせ地産地消! 海星オリジナルの魚しょうゆ作り」
第四発表者 海洋工学科3年

横山 和也

吉田 望実

江下 雅鷹

「水中ロボット作成」
第五発表者 食品システム科3年

小松 広弥

渡辺 達也

大和田莉菜

「低利用魚の家庭料理への展開における研究」

※最優秀賞グループは青色で記載。

 

 

        第一発表者 写真左から              第二発表者 写真左から

         鈴木 隆太(海洋科2年)              渡辺 駿(情報通信科3年)

         馬上 冬詩(海洋科2年)              江端 結花(情報通信科3年)

                                   小堀 勇希(情報通信科3年)

 

        第三発表者 写真左から              第四発表者 写真左から

         小林  健(食品システム科3年)         江下 雅鷹(海洋工学科3年)

         中藪  龍(食品システム科3年)         横山 和也(海洋工学科3年)

         佐藤 洸一(食品システム科3年)         吉田 望実(海洋工学科3年)

                    第五発表者 写真左から

                     大和田莉菜(食品システム科3年)

                     渡辺 達也(食品システム科3年)

                     小松 広弥(食品システム科3年)

 

 最優秀賞を受賞した食品システム科3年の小林健くん、佐藤洸一くん、中藪龍くんは、10月25日(木)~26日(金)に岩手県宮古にて開催される東北大会へ出場します。

 今回発表してくれた生徒たちは、本当にお疲れ様でした!!

 

平成30年度 第二次出港式

<H30-125>

 平成30年度9月13日(木)、第二次出港式を行いました。

 海洋工学科2年生34名、専攻科海洋科1年生4名、専攻科機関科1年生6名の計44名を乗せた6代目福島丸は小名浜港を出港しました。

 

チーム「じゃんがら」のセレモニーの様子

 

実習生代表あいさつ

海洋工学科2年生 福山和暉くん

 

6代目福島丸が小名浜港を離れる様子

 

 大きな海に触れてきて、一回りも二回りも成長した姿が見られるのを楽しみにしています!!乗船実習、頑張ってきてください!!

2学年 ピアエデュケーション

<H30-117>

 平成30年8月31日(金)、2学年を対象にピアエデュケーションを行いました。

 ピアカウンセラーとして、福島県内の大学生12名をお招きし、午前・午後の2回、2クラスずつ実施しました。

 年齢の近いお兄さん、お姉さんに話を聴いてもらいながら、終始和やかな雰囲気で学ぶことができました。

 ライフラインでは、自分自身の今までのことや将来のことについて考えを深め、同じグループ内のメンバーの話を聞き様々な生き方や考え方があるということを感じ取っていました。

 身近に起こりそうなSNSの友人関係のトラブルについてロールプレイを見ながら、相手を思いながら自分の気持ちを伝えるコツについてなど学びました。また、文字だけでは状況や気持ちが伝わりにくいことや実際に会って話してみることの大切さも学び、よりよい人間関係作りのヒントをいただきました。

 生徒から、楽しかった、また是非受けたいとの声も多く聞きました。ピアカウンセラーのみなさん、ありがとうございました!!

2学期始業式

<H30-110>

平成30年8月27日(月)

本日より第2学期がスタートしました。

元気な姿が見られました。

 

 

はじめに表彰式が行われました。

陸上競技部が新人戦地区大会(個人競技)で第2位となり、

9月上旬の県大会へと出場を決めています。

男子八種競技で第2位となった海洋科1年の草野君

 

 

続いて、校長先生からは以下のお話がありました。

1.暑い日が続いているが、自己管理については自分で考えて行動できるようになってほしい。

2.夏休み中に学校へ登校し様々な活動をしている生徒をたくさん見かけた。

  それぞれ充実した生活を送っていたよう。今後の生活にいかしてほしい。

3.2学期は1年のうち一番長い学期で様々な行事が予定されている。

  外部からの支えに感謝するとともに、一人ひとりが頑張る姿をたくさん見せてほしい。

  先生方も生徒のバックアップをするのでお互いに頑張りましょう。

4.3年生は進路活動が本格化した。準備に追われるが一日一日しっかり生活しましょう。

  厳しい助言を先生方からいただくかもしれないが、全て生徒のためなので頑張りましょう。

5.2年生は中堅の学年として、1年生は今後に見通しをもって、目標をもって生活しましょう。

6.事件事故に巻き込まれないように、先生方の言うことをよく聞いて、

  学習面も含めて気を引き締めて生活してください。

校長先生のお話

 

 

続いて、生徒指導部からは以下のお話がありました。

1.本校は地域の方々に支えてもらっていると同時に、地域の方々からよく見られている。

  違反行為などしないよう注意してください。

2.福島県では、LINEアプリを使った相談窓口を設置しました。

  まずは先生方へ相談をして、相談しづらい場合は利用してください。

3.頭髪服装検査に合格するよう、今一度自分で確認して下さい。

生徒指導部からのお話

 

2学期が始まりましたが、まだまだ暑い日が続いています。

体調管理に努めながら、元気に暑さを乗り切りましょう。

 

アクティブラーニング型授業の普及に向けた取り組み

<H30-105>

平成30年8月21日(火)

アクティブ・ラーニングの普及に関する会議を実施しました。

本日の議題

・本校独自の学習指導案様式作成検討

・組織的普及に向けた取り組み計画検討

・学校全体のルーブリック(本校が育成したい生徒像)の作成検討

 

「育成したい生徒」を個別にホワイトボードに書き出した後、なぜその目標を立てたのかを踏まえ一人ひとり発表を行いました。

 

その後、話し合いながら内容の精査を行い、付箋紙に文章として書き出しました。

また、”当然クリアすべき最低到達点”の検討も同時に行いました。

「知識・技能」「人格」「地域社会」の3つに分類し、到達目標点と最低到達点を並べました。

 

知識・技能分野では「専門分野に関する深い知識・理解を身に着け、習得した技術を活用してリーダーシップを発揮し、他者をまとめながら行動することができる」

人格分野では「自分の考えを持ちながら考えの異なる他者を受け入れ、自分や地域社会をより良くするために協調することができる」

地域社会分野では「地域社会への感謝の気持ちを忘れず、それを地域社会へ還元する行動力を持つ」

など、様々な案が出されました。

今後は、この間を埋める到達点を検討し、5段階の評価票を作成する予定です。

いわきおどり小名浜大会

<H30-101>

日 程:8月3日(金)17時10分~21時15分

場 所:県道 小名浜・平線(鹿島街道) 日産サティオ交差点~小名浜本町通り間

参加者:いわき海星高校生徒及び職員

 

 毎年恒例となっているいわきおどり小名浜大会に、今年からいわき海星高校も参加することになりました。地域貢献をしたいという想いから、32名の本科生・専攻科生が参加し、とにかく『楽しむこと』を第一とし最後まで踊り続けました。

 

  

 

 いわき海星高校らしい元気あるおどり

 

 

初参加ながら「おどり委員会賞」を受賞しました!!!

 

暑い中、本当にお疲れさまでした‼ そしてありがとう‼

みなさんを本当に誇らしく思います!

アクティブラーニング型授業の普及に向けた取り組み

<H30-99>

「アクティブ・ラーニング」

学習者である生徒が受動的となってしまう授業を行うのではなく、

能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法。

 

福島県内においても、このアクティブラーニングの普及に向けて各高校で取り組んでいるところですが、

本校では今年度を準備期間、来年度を検討期間、再来年度以降を本格運用として

現在話し合いを進めているところです。

 

平成30年7月30日(月)の担当者会議においては、

プロジェクト名、普及に向けた2か年計画、新しい学習指導案などの検討を行いました。

先生方が各自持ち寄ったプロジェクト名の案をふせん紙に書き出し、投票を行っているところ。

 

今後も継続的に会議を続け、生徒のより「主体的・対話的で深い学び」の実現のため

来年度以降の運用に向けて検討を続けていく予定です。

総務省認定「第1級海上特殊無線技士」講習会がスタート

<H30-98>

平成30年7月30日(月)

無線従事者国家資格「第1級海上特殊無線技士」の認定講習会が始まりました。

この講習会は本校生徒を対象として2年に1度実施しています。

情報通信科の教員が【総務省認定】の講師として約10日間に渡って集中講義を行います。

 

この資格は、空中線電力50ワット以下の無線電話などで通信するために必要な国際資格で、

主に本校の海洋科、情報通信科、海洋工学科の中で

将来は船舶従事者として働くことを希望している生徒を対象に指導を行っています。

 

 

 

今年は57名の生徒が受講します。

 

使用する専門の教科書

科目は無線工学」「法規」「英語」です。

 

初日の講義の様子。電波の分類について。

 

暑いですが頑張ってください。