海星NEWS

海星高校のホットな話題を更新します

第一次航海 動向連絡1回目~4回目

<H30-64>

乗船実習中の福島丸から動向連絡が届いています。

~ 実習生の元気な姿をぜひご覧ください!! ~

 

〇1回目(5月6日付)

 4月27日に小名浜港を出港した福島丸は順調な航海を続けています。

 実習生の船酔いも時間が経つにつれて軽減され、生徒食堂は賑やかになっています!

 

 

〇2回目(5月23日付)

 ・実習操業を休まなければならないほど、大漁が続いています!!!

   5月27日付・・・16.7トン(平均1.85トン)

  ・実習生は魚にまみれながらも元気に実習を行っています。

 

 

〇3回目(6月3日付)

 ・大漁が続いたおかげもあり、魚倉がもう少しでいっぱいとのことです!!!

   6月6日付・・・27.6トン(平均1.53トン)

 ・教官や実習生の力も借り、処女航海に花を添えることができそうです。

 

 

 

〇4回目(6月13日付)

 ・日程通り6月9日にホノルル入港しました。ホノルル出港は13日です。

 ・小名浜入港は6月26日です。成長して帰ってくる実習生に期待しましょう!!

 

 

いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動

<H30-61>

期  日:平成30年6月8日(金) 12時40分~15時10分

活動区域:『本校周辺の清掃』

      1学年  一号埠頭、中央桟橋、旧魚市場前

      2学年  旧魚市場前~艇庫、小名浜製造所(横)、東内防波堤付近

      3学年  校舎周り及び学校周辺(通学路・海岸)

      専攻科  学校周辺(三﨑公園方面)

 

 いわきの町をきれいにする市民総ぐるみ運動を上記の通り実施しました。

 生徒たちは学年ごとに受け持ち区域へ移動し、ゴミ拾いをしました。熱い日差しの中の活動でしたが、心地よい風が吹くさわやかな天気で良い汗をかきながらの活動でした。

 

平成30年度 第1回避難訓練

<H30-58>

日  程:平成30年6月7日(木) 12時40分~14時10分

訓練内容:(1)緊急地震対応訓練 12時40分~12時50分

     (2)第1避難訓練   12時50分~13時05分

        ・福島県沖で地震が発生し、大津波警報が発令され、津波が短期間で襲来するときの避難行動

        ・避難場所:本校(校舎3階、4階の各教室)

     (3)第2避難訓練   13時05分~13時35分

        ・福島県沖で地震が発生し、大津波警報が発令され、津波襲来まで時間があるときの避難行動

        ・小名浜高等学校(第2体育館)

 

 今回の避難訓練は、上記の通り2つの訓練内容で行われました。第1避難訓練では、慣れ親しんだ校舎ということもあり、迅速な避難ができました。第2避難訓練では、昨年度の反省を考慮して、避難経路を統一しました。その結果、生徒たちは避難経路に迷うことなく小名浜高校へ避難することができました。いつ何時、災害が起こるかわからないので、迅速かつ安全に避難できるよう改善していきます。

 

緊急地震対応訓練(シェイクアウト訓練)の様子

 

小名浜高校(第2体育館)へ避難する様子

海洋科2年 プール準備

<H30-55>

 今年も毎年恒例の海洋科で行われている、プール清掃がやって参りました。 プールの水を抜き汚れを落とし、海洋科2年のダイビング実習でお世話になるプールを清掃します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 シャワー室や更衣室も念入りに清掃しました。

最後に海洋科2年で記念撮影です。天気にも恵まれ、丁寧な清掃が出来ました。

 いわき海星生徒の皆さん、プールを大事に使ってください。

 

 

 

 

大山太徳さん復興支援ライブ

<H30-53>

平成30年6月4日(月)

関西を中心に活動されているシンガーソングライターの大山太徳(たかのり)さんによる

復興支援ライブが開催されました。

 

大山さんは2016年6月に初めていわき市でライブを開催し、

その後も定期的にいわき市内でのライブを続けていらっしゃいます。

今回は、前日の6月3日にも市内でのライブを実施され、その翌日ということで本校でのライブが実現しました。

 

 

 

 

 

綺麗な歌声と迫力のある演奏はもちろん、

楽しいお話や生徒と一体となったコールアンドレスポンス、

さらには本校の校歌のアレンジバージョンも披露していただくなど、

とても楽しいひとときとなりました。

大山さん、本日は誠にありがとうございました。

 

平成30年度全国水産・海洋高等学校 産業教育意見・体験発表会校内選考会

<H30-54>

6月1日(金)、「水産・海洋系高校の生徒たちが、様々な活動を通して感じた事柄を意見にまとめて発表することにより、言語力および発表する能力を向上させるとともに、自らのあり方や生き方を考える機会とする」ことを目的とした『全国水産・海洋高等学校産業教育意見・体験発表会』 東北大会へ向けての校内選考会が、本校体育館にて開催されました。

   抽選による発表順番に従って7名の生徒が登壇し、本校の特色ある教育活動で得た貴重ないろいろな体験を発表しました。
今年の選抜者は、海洋工学科2年生の柴崎啓資君に決まりました。東北大会でも堂々とした発表を期待しています。



クラス 氏名 題名
海洋工学科3年生 遠藤 愛人 福島丸に夢を乗せて
情報通信科2年生 村上 陽介 自分の夢に向かって
食品システム科3年生 畠山 明日香 海星高校に入学してから2年間
食品システム科2年生 鈴木 愛子 缶詰作りのやりがい
情報通信科3年生 山口 輝 私の進む道
海洋工学科2年生 ☆柴崎 啓資 夢の途中
海洋科 吉田 阿也人 島サミット高校生応援隊に参加して

アクアマリンふくしま実習 第3回目

<H30-49>

      5月29日PMに海洋科2年5名でアクアマリンふくしま実習に行ってきました。海岸での貝殻取り

 

 今回の実習では3つの作業があります。まずはアクアマリンふくしま蛇の目ビーチ内で素足で遊ぶ子供たちが怪我しないように割れている貝殻の採集です。

 

次に、胴長を履き、前回同様の海藻取りです。あまり日数は経過していませんが、たくさんの海藻が密集してました。海藻取り最後に、今回一番難関である生物を探すことです。移動水族館の生物を採集するため、アメイロアメフラシを

蛇の目ビーチ内で探しました。結局見つかりませんでしたが、ナマコや新しい生命の誕生である稚魚がいました。

ナマコと稚魚

 

 

 

 

 

 

 

 

県大会壮行会・全校集会を実施しました

<H30-44>

平成30年5月25日(金)11:10~

第64回福島県高等学校体育大会(県大会)へ出場する部活の壮行会を行いました。

決意表明

 

応援委員及び全校生徒による校歌・応援歌斉唱

 

校長先生の激励の言葉

各部の出場予定は下表のとおりです。

各部の健闘を祈ります!!

部活動 日程 会場
卓球部

6月1日(金)~4日(月)

会津総合体育館
柔道部 6月2日(土)~4日(月) いわき市南部アリーナ
陸上競技部 5月26日(土)

あずま運動公園

とうほうみんなのスタジアム

ヨット部 6月2日(土) 小名浜港釜の前

 

 

壮行会終了後は、全校集会を行い、

登下校中のマナー(自転車やバスのマナー)について生徒指導部からお話がありました。

3年生は進路活動の時期です。

日頃の挨拶やマナーに気を付け、学校全体で進路活動を後押ししてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

第8回太平洋・島サミットの慰霊行事が本校にて開催されました。

<H30-41>

 5月18日、19日はいわき市で第8回太平洋・島サミットが行われました。18日は本校の体育館が慰霊行事の会場となり、当日は「チームじゃんがら」によるじゃんがら念仏踊りを各国首脳の方々に披露しました。その後、総理首相夫妻とサモア首相夫妻による震災で犠牲になられた方々への慰霊の献花が行われ、参列者全員で黙祷を捧げました。

     じゃんがら披露

 又、19日行われた「Ocean for the future シンポジウム~海は世界をつなげる~」では本校の生徒2名が参加し、震災から復活を目指す地域水産業の現状についてのプレゼンテーションを行いました。

     

 その後、安部総理夫人主催の昼食会に招待していただき美味しい昼食を頂きました。

              

 

ハマヒルガオ咲く!

<H30-37>

 平成30年5月21日(月)、本校の駐車場中央にある植木の中にハマヒルガオ(ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草。典型的な海浜植物)が元気に咲きほころびました。震災前は学校前の海岸に多く咲いていましたが、最近はあまり見ることができなくなっています。平成28年ごろからぽつぽつと咲き始め、昨年、今年と小さな場所で元気に咲くようになりました。