学校長挨拶

福島県立いわき海星高等学校
 校長 松本 善法
 
 本校は、全国有数の港町にある福島県いわき市小名浜の風光明媚な県立三崎公園のふもとに位置しています。
 
 福島県唯一の水産・海洋系高等学校として、創立84年の歴史があり、昭和9年4月、県内水産業界の人材養成の目的に、福島県水産試験場に福島県水産講習所が併設されたのが本校のはじまりです。その後、昭和18年に福島県小名浜水産学校、昭和23年に福島県小名浜水産高等学校、そして平成7年に、水産系の教育内容にマリンスポーツ・マリンレジャー系が加えられ、福島県立いわき海星高等学校と改名され、現在に至っています。その中で幾多の学科改変が行われ、現在は、本科に海洋科、食品システム科、情報通信科、海洋工学科の4学科12クラスと専攻科に海洋科、無線通信科、機関科の3学科6クラスを有しています。卒業生は、これまでに8674名になり、福島県の漁業の担い手として、あるいは地域産業の原動力として政界・官界・経済界で活躍し、地域に大きく貢献しています。
 
 本校の教育方針は、 
① 国際社会に羽ばたくチャレンジ精神旺盛な人材育成 「挑戦」
② 自立心に富んだ創造性豊かな人材の育成 「創造」
③ 常に前進する明朗で強靭な人材の育成 「前進」
 からなっており、「挑戦」「創造」「前進」は本校の校是になっています。
 
 さて、本校は平成23年3月11日に発生した、東日本大震災による津波で、校舎1階や実習棟、体育館や寮など甚大な被害を受けました。復旧には、多くの皆様からご支援やご協力、ご声援をいただき、また震災復旧工事に関わっていただいた多くの工事関係者のおかげをもちまして、平成26年9月3日には復旧工事落成記念式典を行うことができました。
 
 震災から7年が過ぎ、グランドの工事や校舎周辺の海岸堤防工事や水門工事が順調に進み、学習環境が、震災前の状態にもどることができました。また、平成30年1月に第6代目となる新練習船「福島丸」が完成することができ、多くの皆様方へ感謝とお礼を申し上げます。
 
 今後は、本校の校是のもと、授業や専門的な実習、練習船「福島丸」での乗船実習などの教育活動をとおして、水産・海洋系に関する知識や実技を学び、さらに「海技士」や「無線通信士」をはじめ多くの高度な資格取得に挑戦しながら、地域産業や海洋系産業を担う人材育成に全校あげて取り組んでいきたいと考えています。
下のボタンをクリックすると各ページへ移動します。